ZAIHOO フレンチブルドッグ専門サイト フレンチブルドッグ専門ウェア・デザイン
フレンチブルドッグZAIHOO プロフィール・スタッフ紹介 買い物 デザインワーク ブログ・日記 リンク集 コンタクト・メール
 
 

「11月下旬にブレンチブルドッグ専門雑誌「BUHI」が創刊されるらしい!」

そんな情報をキャッチしたZAIHOOは、すぐさまBUHI編集長の小西さんにラブコール!
するとZAIHOOを見てくれた小西さんからすぐさま逆ラブコール!

創刊情報を聞いた10日後には目黒区内にあるオサレなカフェでZAIHOO一味と小西さんは対面。
生ビールやらアイスコーヒーやらバナナジュースやらを飲みながら、名刺というよりお互いのブヒ温度を交換。「ですよね!」 「同じですよ〜」 「それもアリですね!」 「生おかわりください!」
フレンチブルドッグから生まれるハッピーなつながりを再認識しながら・・・あ、そうだ!
ZAIHOOでBUHIコンテンツを創りますから、小西さんのインタビューを載せましょう! しかも今から!

 
 
 
1969年生まれ。出版社を退社後、3年半のアジア放浪を経て、帰国後フリーランスの編集者、グラフィックデザイナーとして数々の雑誌を手掛ける。
  1975年生まれ。基本、甘やかされて育つ。ラジオや舞台の構成作家を経て、フレンチブルドッグ先輩に出会う。あまりの衝撃にザイホーを始めちゃう。
はつん: 小西さんがフレンチブルドッグ専門の雑誌を作ろうと思ったきっかけは何ですか?


小西: きっかけは「フレンチブルドッグが大好き!」という単純な思いからでした。もっとフレンチブルドッグのことが知りたいし、もっともっと大好きになりたい、そういう気持ちからです。

はつん: 小西さんもフレンチブルドッグを飼われているんですよね?


小西: はい。時雨(しぐれ)という2歳ちょっとのクリームの♀がいます。やんちゃなナイスガールです。


はつん: 時雨ちゃんとの出会いやエピソードなど聞かせてもらっていいですか?
小西: まず、犬を飼いたくて仕方なかったんですよ。 それまで居た出版社を辞めて、アジアをぶらぶらと旅をして日本に戻ってきた。もともと犬が大好きだったから、日本で仕事をして暮らす以上いなきゃ駄目だと思った。そこで「いぬたま」でフレンチブルドッグと出会ってしまったわけです。それからフレンチブルドッグを探し始めました。で、あるブリーダーさんで子犬の時雨と出会った。もう、一番やんちゃで真っ先に駆け寄ってくるタイプでした。惚れましたね。


はつん: なるほど〜。 運命を感じたってヤツですね。



小西: 子犬のときの写真を見ると、こまっしゃくれててね〜。奈良美智の絵の中の子供のような顔をしてるんですよ。


はつん: わかる気がします。絵の中の子供が犬を連れてるいると想像したらフレンチブルドッグがしっくりきそうですもんね。


小西: 共通する愛くるしさがあるんでしょうね。


はつん: 僕たちもフレンチブルドッグを愛するあまりZAIHOOをオープンしました。 フレンチブルドッグユーザーさんがたくさん集まるコミュニティサイトを創っていけたらと考えています。小西さんはBUHIをどんな雑誌にしたいと思っていますか?


小西: 
BUHIのコンセプトは「パーソナルなもの」です。有益な情報はみんなで共有したいし、発信したい。 けれども一番大切なのは、ブヒ仲間たちがどう毎日を過ごしているか、どれだけ楽しくやっているか、という部分なんです。だから仲間たちに話を聞きに行きたい。それを誌面にしたいと思っています。これはぼくの考えですが…犬を飼うというのはすごく個人的なことです。だからこそ人間たちもひっくるめて、そのパーソナリティを知りたいと思うんです。


はつん: ZAIHOOも同じ考えを持っていますよ。それではBUHI創刊号の見所などを教えてください。


小西: まずは皆さんから応募いただいた「うちのコ自慢」。総勢204ブヒが、愛嬌を振りまいてくれています。それから特集「長生きライブラリー」フレンチブルドッグを飼っている獣医師さんからのメッセージや先輩ブヒからのアドバイス、長生き食ローフードのススメなど盛り沢山です!


はつん: 204ブヒはヨダレでちゃいますね〜 204ブヒもヨダレ、僕もヨダレ、きっと読者もヨダレですね〜(笑)それから、従来の雑誌では触れていない「フレンチブルドッグの寿命」について特集を組んでますよね?


小西: 特集「さよなら」ですね。この堪え難い事実を含めてこそのブヒ生活だからです。誰もそこから逃れることは出来ない。しっかりと向き合って、せめて後悔することが少なくなるように毎日を生きてゆく。そういう思いからです。


はつん: 素敵です。「さよなら」に目を背けず、向かい合い共に生きていく事が大切ですね。

小西: 「さよなら。ありがとう」と最期に言えるか。心からの言葉を亡きがらにかけてやれるか。これはぼく個人にとっても大切なテーマなんです。



はつん: 僕もその時、「はつん!すげ〜 おもしれぇ〜人生だったよ!ありがとう!』ってブヒたちに言われるのを目標にしてますよ。


小西: ブヒたちにとって何よりの幸せですね。


はつん: ローフードの特集をされるようですが、最近、手作りフードを作る方が多いようですね。ローフードの特徴など教えてもらえますか? 


小西: 愛ブヒを長生きさせたい、これは皆の願いだと思いますが、まずは食生活の見直しからしてみようということで、生馬肉なども取り扱うお店に話を聞いてきました。犬は肉食、それも捕食動物ということで、色々な試みをしていらっしゃいましたね。まず、加熱によって損なわれる栄養素や酵素を、そのまま与えられるということですね。それと、手作り食にすれば、安全なものをチョイスして食べさせてやることができる、と。みなさんそれだけ愛ブヒの健康を考えていらっしゃるんでしょうね。


はつん: なるほど〜。やはり愛ブヒには安全でおいしい食事を食べさせてあげたいですもんね。


小西: そうなんですよ。でも、それぞれに事情というものがありますから、おすすめの「ほとんど生食」ドッグフードもご紹介していますよ。

はつん: それも気になりますね〜 僕のような♂は特にお手軽で良いものに目がないんで(笑)そのほかBUHIでのオススメ記事などありますか?


小西: 北海道に暮らすフレンチブルドッグ「夏彦くん」のグラビアがオススメです。オーナーがアラスカなどで動物を撮っている写真家の方で、すごく良い写真ですよ!


はつん: ますます創刊が楽しみになりますね〜 僕のブログのブヒ友さんたちって写真に熱心な方が多いんできっと気になると思いますよ。さてさて、それではZAIHOOの第一印象などを聞かせていただいてもいいですか?


小西: まず、ホームページを拝見して、「ごきげんな人たちだ!」と小躍りしました(笑)。

はつん: ウレシイですね〜 ZAIHOOの面々と会った時の印象なども包み隠さず教えてください。


小西: 包み隠さず(笑)いや、もう会う前から想像してたですよ、ぼく。そうしたら本当にそうだったという(笑) はつんさんもYASHIROCKSさんもDAISUKEさんも、初めて会ったとは思えない感じでしたよ。想像してたからかな。


はつん: 僕らは正反対でしたよ!(笑)もっと佐藤浩一風の堅いインテリな人が来ると思っていたら、とても柔らかく、僕らと同じ空気感をもったデキるクリエイターさんが現れたのでビックリしました!(笑)僕らも初めて会ったとは思えない感じでしたもん。。


小西: 空気感、同じですよね(笑)。クリエイターでも、ベンチャーな匂いのする人っているんだけれどZAIHOOさんと僕はまったくそれがないという(笑)。ゆるキャラで。


はつん: やっぱ、ゆるゆるですか?


小西: ゆるゆるです(笑)


はつん: そして、この度ZAIHOOではBIHIのキャラクターを制作させていただいたのですが、気にいっていただけましたか?


小西: もう最高です! あのね、こればかりはフレンチブルドッグを好きな人に制作して欲しかったんですよ。資料見てちょいちょい、じゃない人がよかった。絶対伝わると思うんです。


はつん: そう言っていただくとうれしいです!きっとDAISUKEは小躍りですね(笑)


小西: 名前決めなきゃ?



はつん: ですね〜 小西さんのイメージは何かありますか?


小西: うーん。公募という手もありますけどね。末長くかわいがりたい。


はつん: それ! いま僕も思ってました!


小西: ですよね。そうしよう!


はつん: ZAIHOOサイトでも公募するっていうのはどうでしょう?もちろんBUHIでも!


小西: いいですね! ぜひやりましょう。4ブヒいますしねー。

はつん: ではでは、当選した人にはZAIHOOから何かしらプレセント出しますよ!


小西: やったー! 盛り上がってきましたねえ。


はつん: 今後、BUHI×ZAIHOOでやりたいフレンチブルドッグ企画などありますか?


小西: 具体的には雑誌制作で協力してやっていきたいということと、サイトと雑誌のコラボレーションですよね。コンテンツも工夫して、楽しくやれればと思います。それと、いずれはコラボのノベルティをつくりたいですねー。


はつん: いいですね〜フレンチブルドッグステッカーやらフレンチブルドッグTシャツやらできたらいいですね〜 みなさんが大事に使ってくれそうなもの!

小西: 例えばなんですが・・・最近の女性誌とかって「付録」がすごいんですよ。雑誌自体が認知されてきたら、それもアリでしょう。フレンチブルドッグ用おもちゃとかね!縦横無尽にいきたいですね。「BUHI」の雑貨、かわいいよねー、ZAIHOOが作ってるんだって! なぁんて。


はつん: フレンチブルドッグ用のおもちゃもいいですね!作っちゃいますよ〜 グイグイ作っちゃいますよ〜 褒められるの大好物なんで〜


小西: 今後ともヨロシクです!


はつん: では、今後BUHIはどうなっていくのか?など教えてください!


小西: まず、今までの犬雑誌にはない、魅力的なコンテンツを増やしていきたいと思います。たくさんのブヒオーナーたちに協力してもらって、フレンチブルドッグの素晴らしさを共有し、発信したいと考えています!製作者と読者が同じ目線で感情を共有できるような雑誌にしていきたいですね。


はつん: 今後「うちの子自慢」などの企画があれば、ZAIHOOや僕のブログなどでフレンチブルドッグオーナーさんを募集してもいいですか?


小西: もちろんです! なにか雑誌でやりたい企画などがあればどんどん言ってくださいねー。ぼくも「こういうのどう?」って相談しますから。


はつん: 今後のBUHIが一層楽しみですね!


小西: ZAIHOOも!


はつん: では、最期にZAIHOOとBUHIのフレンチブルドッグオーナーさんにメッセージがあればお願いします。


小西: フレンチブルドッグと共に生きることを選択したぼくらは、いま、幸せをかみしめる立場にあります。いろんな困難や苦労もありますが、そんなことは厭わないのが我々です。みんなでフレンチブルドッグを幸せにしてあげましょう。そして、ぼくらもその恩恵にあずかろうじゃないですか。フレンチブルドッグに出会えた、それだけで。それだけで人生は豊かになります。


はつん: ありがとうございました。これからもBUHI×ZAIHOOでフレンチブルドッグの世界を盛り上げていきましょう!


小西: ですね!フレンチブルドッグを楽しみながら盛り上げましょう! ありがとうございました。


※終わるのが名残惜しくなるほど楽しかったインタビューは、こうして終了しました!これからもBUHI×ZAIHOOでユーザー参加型の企画をどんどん考えていきますのでチェックしてくださいね!それとインタビューの中で生まれた「オリジナルキャラクターのお名前募集」にも是非参加してくださいね!それではこれからもBUHI&ZAIHOOをよろしくお願いします!!!
 
インタービューのなかで突然決まったZAIHOOデザインによるBUHIのオリジナルキャラクターの名前を募集しま〜す!

【パイド】【ブリンドル】【クリーム】【フォーン

のそれぞれの名前を送ってください!1ブヒだけでもいいです!採用された方はZAIHOOから素敵なプレゼントをあげちゃいます!みなさん是非ご参加くださいね!
▼送信はこちらから!件名に【BUHIキャラお名前募集】と記載してくださいね!
hatun@zaihoo.jp
 
      プライバシーポリシー
Copyright 2006 ZAIHOO. All rights reserved.

フレンチブルドッグ専門雑誌BUHI フレンチブルドッグインタビュー!